読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぼやき・たぬきの通り道

2010年11月 デジタル一眼を手にしてしまう、以降、カメラなのか写真なのかはわからないが嵌ってしまった…

下山 庚申山展望台から

紅葉の頃、展望台から信楽高原鐵道を眺めてました。

展望台から、広く眺めるとこんな感じの見事な?田園風景です。

そして展望台を後にして降りることにします。
展望台のスグ後(と言うか前と言うか)には祠があります。

祠でいちおうお参りをして、紅葉を抜けて本堂の方に向かいます。

紅葉と言ってもこの頃にはかなり落ち葉でした。

そして、こちらが本堂への上がり口です。お寺のはず、なぜに鳥居が?

本堂でもお参りしておきます。

壁には「さるぼぼ」がいっぱいです。

お参りを済ませて山を下って行きます。
途中、「紅葉の径(こみち)」にて、確かに紅葉です。

さらに下ると、「サクラの径」がありますが、あまり桜は無かったように思います。
もちろん、これは秋の写真なので桜は咲いていません。

さらに下ると、通行止めの林道は「黄金の道」になっていました。

撮影日:2012年11月24日